アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

暮らしの中の漢方

  • 不足した血を補う

 私も20代のころは何でもなかったのですが、30歳を超えたころから、病院の消毒薬で手荒れをするようになりました。消毒薬の刺激のほか、成分のアルコールで皮膚の脂分が奪われるのでしょう。

 年齢とともに乾燥症状が目立つようになり、入浴後などでも肌がカサカサし、爪が割れやすい、髪が抜けやすいなどと感じることはありませんか。これらは、身体の物質的側面を支える血(けつ)が不足した状態でしばしば見られる所見で、私たちは血虚(けっきょ)と呼んでいます。血虚は表面的な症状だけでなく、局所での血の不足によって、集中力の不足やこむら返り、目のかすみ、動悸、不眠などの原因になることもあります。

  70歳の女性。特に誘因なく、何かが触れた拍子にごく簡単に手足の皮膚がペロリとはがれるようになりました。数週間で治りますが、しばらくするとまた別のところがはがれます。

  気虚(ききょ)と同時に血虚を補う十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)を処方したところ、3か月ほどで皮膚のはく離は見られなくなりました。

  血虚を補うのは十全大補湯の中に含まれる、四物湯(しもつとう)という処方ですが、肝炎でインターフェロン治療中にみられる脱毛や腎不全の際のかゆみなどに、四物湯は効果があります。

« 暮らしの中の漢方 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • 車で受診される方へ
  • リンク
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。