アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

暮らしの中の漢方

  • 滞る血を巡らせる

 高い山に登ろうとする時には、山を制覇しようとする強い意志も大事ですが、服装や装備、食料など十分な準備も必要です。漢方医学では全身を巡る、目には見えないエネルギーを「気(き)」、物質面を支える赤い液体を「血(けつ)」と呼び、どちらも重要視しています。

 血は現代医学の血液とよく似ていますが、漢方医学では局所に滞る傾向があります。暗赤色の唇や目の周りのクマ、皮膚に見られる毛細血管拡張は目に見える血の滞りによる症候で、私たちは「オ血(おけつ)」と呼んでいます。オ血は様々な症状を呈します。不眠、精神症状、腰痛・筋肉痛、痔(じ)などで、女性の月経異常などは、血の滞りによって起こると考えています。診察すると、しばしばおへその周りに圧痛が認められます。

  25歳の女性が無月経で来院されました。2年半前から月経が来なくなり、結婚をひかえ、婦人科でホルモン療法を受けましたが、副作用のためか急激に体重が増加してしまいました。

  オ血の病態と考え、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を投与したところ、2週間後には月経が1年ぶりに自然に来ました。5か月後には予定通り花嫁となられました。桂枝茯苓丸にはボタンやシャクヤクなどの美しい植物が使われており、血を巡らしてくれます。

« 暮らしの中の漢方 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • 車で受診される方へ
  • リンク
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。