アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

暮らしの中の漢方

  • 気が巡っていれば健康

 中国の古典「荘子」には、「気が集まれば、すなわち生。気が散ずれば、すなわち死」というくだりがあります。これは人体を哲学的に小宇宙としてとらえており、漢方医学はこうした考え方に影響を受けています。

 生命活動を支えるエネルギーである気が、全身を十分巡っていれば、まず健康と言って良いでしょう。気は父母から受け継いで蓄えられた先天の気と、呼吸や食事によって後から充てんされる後天の気があります。

 この気が様々な原因によって消耗、あるいは呼吸や食事の障害により産生が低下すると、身体がだるい、疲れやすい、日中眠い、風邪をひきやすいなどの、「気力がない」状態を呈します。これを漢方では気虚(ききょ)と呼んでいます。

  92歳の男性がいわゆる寝たきりで運ばれてきました。会話はなんとか可能ですが、意欲がなく、認知症もあるようです。関節の拘縮(こうしゅく)もかなり進行しています。気の不足した状態と考え、消化吸収能力をたてなおす、黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)を処方したところ、リハビリに対して意欲が表れ、2年後には歩行器での歩行が可能となりました。寝たきりであっても根気よく、気を蓄えていくことには意義があると教えていただいた方です。

« 暮らしの中の漢方 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • リンク
  • 車で受診される方へ
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。