アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

暮らしの中の漢方

  • 身体を温める方剤

 打撲傷が、急性期に赤く腫れても慢性期には冷たくなるように、病気初期は温熱産生が盛んですが、長引くと冷えていきます。病態が寒性となり、冷えが全身に及んだのが少陰病(しょういんびょう)ですが、それがさらに一歩進んだ冷えの極致を厥陰病(けっちんびょう)といいます。

 厥陰病の本体は冷えですが、外見上熱候を見せることがあります。消える寸前のロウソクが一瞬、強く燃えるように、これは危険な状態です。ところがこういう危険な状態の方が、時折、外来に歩いて来られます。

 17歳の女性。大学受験前の11月、身体がとてもだるくて勉強できないと受診されました。血液検査では異常は認められません。一見、顔色は良いのですが、脈が極端に弱く、手足に触るととても冷えています。「茯苓四逆湯(ぶくりょうしぎゃくとう)」という身体深部から温める漢方方剤を処方したところ、徐々に元気を取り戻し、無事、志望の大学に合格しました。

  現代医学では、冷えという概念が希薄で、対応が困難ですが、漢方ではショウガを蒸して乾した乾姜(かんきょう)で身体の芯から温めていきます。私も研修医時代、忙しくて身体が冷えてしんどい時には茯苓四逆湯をこっそり飲んだものです。乾姜は辛いのですが、茯苓四逆湯は身体に合っていると甘く感じます。

« 暮らしの中の漢方 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • リンク
  • 車で受診される方へ
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。