アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

コラム

吐くほど激しい頭痛に呉茱萸湯嘔気、手足の冷えなどの所見が要

「頭痛持ち」といわれる方は案外と多いものです。処方決定の際には随伴する症状の見極めが重要ですが、今回は吐き気を伴うほどの頭痛に対して呉茱萸湯が奏功した2例をご紹介します。

1例目は61歳の女性。身長145cm、体重49kg。頭痛、心下部痛、足の冷えを主訴に来院されました。20年ほど前から足が冷えるようになり、2~3カ月に1度、肩こり、嘔気、悪寒を伴う頭痛が起こるようになりました。半年前からは激しい頭痛が月に2~3度起こるようになり、頭痛時に嘔吐するようになりました。なお、頭痛は吐くと楽になるとのことです。

診察すると足が冷たく、脈は沈細、腹力はやや弱く、心下痞コウの所見を認めます。ツムラ呉茱萸湯(ゴシュユトウ)(TJ-31)を処方したところ、2週後「飲むと20~30分で頭の中が通った感じがする。足の冷えが少し良い」、4週後「頭痛が3回あったが、ひどくならなかったので鎮痛薬を飲まずにすんだ。靴下を履かなくても眠れるようになった」、6週後「たまに頭の左側が少し重くなるくらい」と徐々に改善がみられ、2カ月後には「頭痛はまったくない。クーラーが平気になった。汗がよく出るようになった。“夏は暑い”と感じるようになった」とのことで、頭痛の消失とともに冷えも消失しました。なおこの時、初診時に認めた心下痞コウの所見はなくなっていました。

2例目は45歳の女性。身長153cm、体重45kg。10代の頃からの頭痛持ちです。時々脈打つような激しい頭痛と嘔気があり、ひどい時は寝込んでしまい、仕事を休まなければなりません。また、大変な寒がりで、強い肩のこりも訴えます。診察すると手足が非常に冷たく、脈は沈細、腹力はやや弱く、心下痞コウの所見を認めます。

呉茱萸湯を処方したところ、4週後「痛みが少し楽だった」とのことで続けてみました。すると、徐々に頭痛の程度が軽くなり、あっても頭重感程度となりました。そして今では頭痛薬が不要となり、仕事を休むこともなくなりました。

【考察】
 2例とも、嘔気、嘔吐を伴う激しい頭痛、肩こり、冷え、心下痞を目標に呉茱萸湯を処方しました。呉茱萸湯は、太陰病期やや虚証の薬です。

傷寒論には、「乾嘔シテ涎沫ヲ吐シ頭痛スル者」「吐利シ手足逆冷シ煩燥死セント欲スル者」と記載されており、悶え苦しむほどの激しい頭痛と嘔気、手足の冷えが特徴的です。そのほか首・肩の凝り、心下部の膨満感や、心下痞コウの所見がみられます。漢方医学的には、胃の寒飲が上に衝き上げて頭痛や嘔気を起こす(そのため吐くと改善する)と考えられます。

鑑別を要する主な処方としては、葛根湯、五苓散、桂枝人参湯などがあげられます。葛根湯は冷えがなく、項背部の凝りを伴います。五苓散は水毒が主体で、口渇、自汗、尿不利が特徴的です。桂枝人参湯には裏寒があり、上熱下寒や胃腸虚弱がみられます。

« 私の漢方診療日誌 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • 車で受診される方へ
  • リンク
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。