アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

コラム

“兄妹で受診した喘息に麻杏甘石湯と小青竜湯 処方の違いは熱候と水毒の見極め

今回は、喘息の2例をご紹介します。兄妹の同じ病気ですが、お兄さんには麻杏甘石湯、妹さんには小青竜湯が有効でした。

はじめは6歳のお兄さんです。身長115cm、体重19kg。 かぜをひきやすく、季節の変わり目やかぜをひいた時、疲れた時にはすぐ咳が出て、その後、胸がヒューヒューいうとのことです。小児科で気管支拡張薬、テオフィリン薬、抗アレルギー薬などの投与を受けていました。

初診時、すでに咳が出ており、夜は咳き込んで眠れないこともしばしばでした。問診では暑がりで汗かき、冷たい飲み物を好むといった傾向がみられました。

ツムラ麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)(TJ-55)5g/日を投与したところ、2週間後には「咳がだいぶ落ち着いた。夜眠れるようになった。小児科の薬がほとんど要らなくなった」とのことで、5週間後には「漢方薬だけで調子いい。咳はたまに出るくらい」というまでに改善しました。

次は3歳の妹です。身長94cm、体重14kg。

この子もかぜをひきやすく、かぜをひくとすぐ咳が出て喘鳴が出現します。また、寒い日や季節の変わり目には、くしゃみと鼻水がよく出るとのことです。問診では、お兄さんのような口渇はなく、腹診で胃部に振水音を認めました。

ツムラ小青竜湯(ショウセイリュウトウ)(TJ-19)5g/日を投与したところ、5週間後には「1度かぜをひいたが、吸入せずにすんだ。鼻水が出なくなった。鼻詰まりも良くなった」とのことでした。

【考察】
 1例目は、喘鳴、口渇、発汗傾向を目標に麻杏甘石湯を処方しました。麻杏甘石湯は少陽病実証の薬で、小児の気管支喘息の発作期に頻用されます。熱候が強く、発汗と口渇が特に発作時によくみられます。構成生薬にも清熱剤の石膏が含まれています。ただし発熱はあっても軽度で、太陽病のような悪寒を伴うことはありません。傷寒論には「汗出でて喘し、大熱なき者」と記載されています。比較的飲みやすく、小児には使いやすい薬です。

2例目は、喘鳴とくしゃみ、鼻汁、胃部振水音を目標に小青竜湯を処方しました。小青竜湯は太陽病虚実間証の薬です。陽証であるにも関わらず、少し冷えっぽい傾向があります。顔色もあまり良くなく、熱が主体の麻杏甘石湯とは対照的です。構成生薬にも熱薬の乾姜が含まれています。さらに水毒が明らかで、くしゃみや鼻汁がみられることが多く、アレルギー性鼻炎に頻用されます。腹診では、しばしば胃部に振水音を認めます。傷寒論には「心下に水気あり、咳して微喘し、発熱して渇せず」と記載されています。

麻杏甘石湯と小青竜湯は、いずれも麻黄を含みますが、麻黄の主成分エフェドリンには気管支拡張作用、鎮咳作用、消炎作用があるため、麻黄含有方剤は呼吸器疾患によく用いられます。ただし、虚血性心疾患、甲状腺機能亢進症、排尿障害などのある方に投与する時には注意が必要です。また、過敏な人では動悸や不眠がみられたり、胃腸の弱い人では胃痛や食欲低下がみられることもあります。 (犬塚)

« 私の漢方診療日誌 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • 車で受診される方へ
  • リンク
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。