アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

コラム

“高齢者の発熱~麻黄湯が奏功したケース~陰証への変化と脱汗の観察が重要

前回は、高齢者のかぜに麻黄附子細辛湯が奏効したケースをご紹介しました。今回は、高齢者の発熱に麻黄湯が奏効したケースをご紹介いたします。

患者さんは74歳の女性。身長155cm、体重35kgと大変華奢な方です。関節リウマチ、続発性消化管アミロイドーシス、慢性腎不全があり、十全大補湯などを投与していました。
 ある日、腰椎椎間板ヘルニアで当科へ入院していた時のことです。朝、病室へ行くと、食事もとらず布団にくるまり震えています。聞くと、明け方から悪寒があり、布団を2枚着ているが温まらないとのことです。体温は38.2度。脈をみると、平素とは全く違い、細く緊張した強い脈をしています。咳や咽頭痛などの上気道炎症状はなく、その他、顔面紅潮や発汗、口渇もみられません。

そこでまず、ツムラ麻黄湯(マオウトウ)(TJ-27)2.5gを湯に溶いて1回内服させました。1時間後、外来の合間に見に行くと、悪寒は消失しており、脈の緊張もいくぶん緩んでいました。3時間後、体温は37.9度とやや下がり、脈の緊張はだいぶ緩んできました。ここで麻黄湯2回目を投与。6時間後、脈は平素のような穏やかな脈に戻っており、体温も37.5度まで下がってきました。しかし汗が全く出ていません。そこで本人に聞いてみたところ、「汗は出ないんですが、おしっこが増えて大変」とのこと。それならば大丈夫と思い、麻黄湯3回目を投与。7時間後、体温36.8度と解熱しました。しかし10時間後、悪寒はないものの体温が37.1度と若干上昇し、脈に再び緊張が出てきたため、4回目の麻黄湯を投与。その後は速やかに解熱するとともに、脈も穏やかになり、尿量も平常へと戻りました。

【考察】
麻黄湯は太陽病・実証の薬で、急性熱性疾患では悪寒、発熱、関節痛などがあり、脈は浮いて緊張があり、自然発汗のないものが適応となります。
 この方は、平素は脈が弱く、冷え性で胃腸の弱い大変虚弱な方です。一般に高齢者や虚弱者では陰証・虚証の反応を呈しやすいのですが、今回の場合は、生体に強いインパクトが加わり、一時的に陽実証の反応を呈したものと思われます。ただし、途中で陰証に陥る可能性もあるため、注意深い観察が必要です。また、このような方に発表作用の強い実証の薬を漫然と投与すると、脱汗(発汗過多による体力消耗)を起こす危険があります。実際、4回目の麻黄湯を投与する前は、これ以上攻めてもよいのか迷いました。

今回、麻黄湯を3時間毎に投与しましたが、一般に急性熱性疾患では1日3回の漢方薬の投与では不十分なことが多く、傷寒論にも3回分を半日で投与する方法が記載されています。また今回のように、発汗の代わりに利尿を得て解熱することも知られています。
 なお、発熱の原因は尿路感染症と考えられましたが、結果が出る頃には解熱傾向で、脈候の変化、自覚症状の改善から病態の好転は明らかであったため、漢方治療単独で経過をみました。もちろん、入院中だからできたことですが。 (犬塚)

« 私の漢方診療日誌 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • リンク
  • 車で受診される方へ
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。