アレルギー性疾患、原因不明の病態、神経疾患等に対し自然治癒力を最大限に高めることによる回復を目指します。

ももち東洋クリニック

漢方をはじめとした東洋医学に関するコラムを中心に、コラムへの情報を掲載しています。項目毎にメニュー化しており、各項目をクリックすると該当ページに移動します。

福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F/電話:092-822-1152/受付:午前8時45分~午後5時30分(土曜日は午前8時45分~午後2時30分)

コラム

“高齢者のかぜに麻黄附子細辛湯が奏功少陰の症状を目標に鑑別

通常、かぜでは太陽病から少陽病の病態をみることが多いですが、高齢者や虚弱者では陰証に陥っていることもまれではありません。今回は、高齢者のかぜに麻黄附子細辛湯が奏効したケースを2例ご紹介いたします。

1例目は71歳の男性。身長167cm、体重60kg。気管支喘息で当科へ通院中の方です。ある年の初夏、庭仕事中に木陰で涼んでいたところ、背中に寒気を感じ、その後発熱、のどの痛み、咳、痰、鼻汁が出現。3日後から食欲がなくなり、体もきつくなってきたとのことで受診されました。
 診察すると下肢が冷えており、ご自身も「足が冷えて湯たんぽを入れないと温まらない」とおっしゃいます。脈は沈んで細く、力がありません。
 ツムラ麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)(TJ-127)2.5gを白湯に溶いて服用させ、ベッドで休んでいただきました。すると30分後には、背中の寒気が消失し、のどの痛みが軽減しました。そこで麻黄附子細辛湯を1週間分処方し帰宅していただいたところ、次の診察日には、「日に日に良くなった。時々鼻水が出るが、かぜはもう治った」とおっしゃっていました。

2例目は79歳の女性。高血圧、慢性気管支炎、変形性膝関節症で当科へ通院中の方です。ある年の夏、夕方から悪寒、発熱、鼻汁が出現。近医で総合感冒薬と抗生剤を処方され熱は下がったものの、1週間たってもくしゃみと鼻汁が止まらないとのことで受診されました。聞くと、食欲が出ない、体がきつい、足が冷えると訴えます。家人によると、家ではきつがっていつも横になっているとのことです。
 診察すると脈は沈んで弱く、下肢に冷感を認めます。
 麻黄附子細辛湯を処方したところ、1週間後には、「くしゃみと鼻汁が止まった。体に力が入るようになった。足が冷えなくなった」とのことで、家人も「だいぶ元気になりました。食事も入っているようです」とおっしゃっていました。

【考察】
1例目、2例目とも、足の冷えと倦怠感、脈候(沈・弱)を目標に麻黄附子細辛湯を処方しました。麻黄附子細辛湯は少陰病虚証の薬です
 傷寒論には「少陰病、始メテ之ヲ得、反ッテ発熱シ、脈沈ノ者ハ、麻黄附子細辛湯之ヲ主ル」と記載されています。悪寒を伴う発熱と頭痛、咳嗽、水様鼻漏、手足の冷えなどがみられ、老人や虚弱者のかぜにしばしば使われます。
 少陰病では、傷寒論に「少陰ノ病タル、脈微細、但寐ント欲スルナリ」とある通り、脈が弱く、きつくて横になりたがるといった症状がみられます。
 麻黄附子細辛湯は少陰病の薬ですが、表熱を挿むため小青竜湯を鑑別する必要があります。小青竜湯は太陽病の薬で、悪寒はあっても明らかな冷えはなく、脈は浮いて緊状があります。さらに水毒のため、しばしば胃部に振水音を認めます。 (犬塚)

« 私の漢方診療日誌 目次ページに戻る

  • ももち東洋クリニックTOP
  • ごあいさつ
  • 基本方針
  • どんな病気にいいの?
  • 診察について
  • 治療について
  • 検査について
  • クリニック概要
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • よくある質問Q&A
  • コラム
  • 講演会
  • 地図・交通アクセス
  • リンク
  • 車で受診される方へ
  • 麻生グループ
  • 医療法人 博愛会
  • 飯塚病院
  • 医療法人博愛会 頴田病院
  • 医療法人博愛会 京都病院
  • 介護老人保健施設 博愛苑
このページの先頭へ

医療法人博愛会 ももち東洋クリニック
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-27 AIビル3F TEL(092)822-1152 FAX(092)833-5070
受診をご希望の方は前もってお電話ください。受付時間は8時45分~17時30分(平日)、土曜日は8時45分~14時30分です。日曜日、祝日は休診いたします。